FC2ブログ
霊峰・愛宕山
伊勢へ七度、熊野へ三度、愛宕さんへは月参り
といわれた京の西の守護、愛宕神社は 全国に800の末社をもつ火の神です。この愛宕山は全国八天狗の筆頭、愛宕太郎坊が 住むという修験道の聖地でもあります。

観光向けの比叡山と比べると、地元の登山者が多く、お土産ショップもない寂しい印象ですが、神社は厳かで神聖な佇まい。
この静けさがここの魅力なんだと思った。
標高は924メートル。なだらかな整備された舗装道と階段で登りやすかった。帰りは裏の未開の山道を下ったら膝ガクガク。行きはよいよい帰りが怖いパターンでした。

渡月橋と愛宕山
スポンサーサイト



【2014/05/18 17:20】 | メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大王イカに感動

昨日のNHKスペシャル!小笠原沖の深海に体長10mの巨大イカ。


黄金に輝く体と地球上の生物の最大級の眼球!マッコウクジラがライバルなんて素敵すぎる。
獲物のイカ(体長1m)を食べながら水深630mから830mまで潜っていきましたね。
それを追いかけられる潜水艇もすごい!もう釘付け状態でした。NHK,余裕あるなぁ。新年からいいものみせてもらいました。

同じ流れでその後、民放で「アバター」観ちゃいました。大王イカの後だったので同じ感性のまま感動。
とにかく大王イカの美しい姿に感銘を受けた夜でした。普段目にするイカがそのまんま巨大化していた・・。
そういえば、昔、伊豆沖をダイビングした時、イカが泳ぐ姿が美しくて感動したのを思い出した。私の前で墨を吐かれたけど、イカってスタイリッシュでカッコいい。
【2013/01/14 14:21】 | メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新しいデジカメ
三室戸寺の蓮の花

最近PCを筆頭に、不調のハイテクガジェットをリニューアルしている私ですが、その中でも特にヒットしたのが、最近発売されたリコーのCX3です。
コンパクトなのに、10.7倍光学レンズ搭載で、28mm~300mmの高倍率ズームが実現します。1cm接写のマクロ撮影も素晴らしい!
私のように、一眼レフに興味があっても、持ち歩くのが億劫という素人には、最適のカメラです。
バブル時代に、キャノンのEOS、300mmの一眼レフ(もちろんフィルム)を15万で買いましたが、今となってはタンスの肥やし・・。

今まで、オリンパス、キャノン、ニコンとデジカメを替えてきた中で、これは価格といい(2万円台)、機能といい大満点、長年待っていたカメラです。
ただ、レンズが大きいだけに、この作りだと寿命は短いかもしれません。
今後の後継機種も要チェックです。リコーがこんなに優秀だったなんて!

結局、宣伝の記事になってしまいましたがアフィリエイトはしておりません。^^
(ちなみにビッグカメラより、amazon.co.jpの方が安いです。
【2010/07/20 11:32】 | メモ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
因縁の道理
因果あい感ずること、あたかも声響(しょうこう)のごとし。
業縁唱和(ごうえんしょうわ)すること、かえって形(けい)影(えい)にひとし。
(性霊集巻八.七九、全集三)

自分の行為(因業)は、縁が整うと、報いを招いてまぬがれない。
この因縁によって、すべての現象が起きている。

というのが仏教の根本原理。
【2009/11/20 01:05】 | メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |