FC2ブログ
備忘メモ CAの宿
すぐに忘れるので自分用の備忘メモです。これにアップすると忘れないので。
B級ホテル、お気に入りを見つけるのは難しい。残念ながら今回も見つけられず。

CA INN
-ヒスパニック
-朝食にフルーツ(メロン、スイカなど)
-事前要望通らずチェックイン時に1階に変更OK
-$100/per night





Fre Days Inn
-インド人(funny)
-朝食ショボいがトースト焼ける
-コーヒーメーカーなし
-1階要望最初から通る
-近所店多く◎。〒有
-静か
-$60.49/per night



Rancho Comfort Inn
-態度が横柄な若い白人女性
-要望無視され3階ハイウェイ沿い(うるさい)
-朝食ショボいが茹で卵
-建物古い
-ネット30秒ごとに切断
-$100/per night



Nova Econo Lodge
-インド人(friendly)
-受付カレーの匂い
-1階快諾
-浴槽なし、シャワーのみ
-朝食食べ損なうが、ショボそうだった
-ハイウェイ沿い
-$66/per night



SF Days Inn
-インド人(friendly)
-部屋が暗い
-ハイウェイ沿い(うるさい)
-朝食最低ライン
-$89.55/per night




CNNでミゾーリの巨大竜巻のニュース、HBOでLady GaGaのNYコンサートを観た。
あとメモリアルデーの式典も。今でもアフガンやイラクで亡くなる兵士が絶えないのね・・。日本の震災・原発の話題は皆無。
次回は友人と会って、もう少しのんびりした旅にしたいと思う。
スポンサーサイト



【2011/06/06 01:24】 | USA&海外 | page top↑
怒涛の出稼ぎ
今年6度目の渡米は、さすがに怪しまれたのか、初めて入国審査でセコンダリーに連行されてしまった。矢継ぎ早の尋問にきょと~ん。“もっとゆっくりしゃべってくれんかね・・、今日の緻密なプランが台無し・・その他ぶつぶつ”、などと内心は穏やかではない私。結局30分待たされてやっとハンコ押してくれた。もしかしてブラックリストに載ったのかなぁ。

1週間をきっているのに、発作的にプチっと買ってしまったフライトチケットのために、すっかり振り回されてしまった。自分の意思に反する決断を強行、やっぱ我ながらアホや。
今回ほどホテルの一室が恋しくて 入り浸っていたのは初めて。なんと午後4時にチェックインしてしまった!このやすらぎの空間でぐったり&まったり~。ぴかちゅ
 安宿探しは私にお任せを・・
 最近はラマダも安くなった
 デイズ イン
 ハワード・ジョンソン

最低ラインのノルマを果たして帰国したら、関空はすっかり冬のよう。
帰りの乗り合いタクシーでは、隣に座っていたドイツ人と2時間、話がはずんだ。なんでも京大に招待され、アフリカの言語を教えているそうな。やっぱりドイツ人は上品だし、英語もわかりやすくて、話題も合うよ~。自己中な一般的なアメリカ人じゃこうはいかないと思う。南アフリカで42Kではなく84Kのマラソンに出るというアマチュアランナーだけあって、50歳を過ぎているとは思えない素晴らしいシェイプの紳士でした。40歳で走り始めたそうです。私も何か始めないと・・と思った。

凹んだ出張は置いといて、最後にチャットが楽しかったので、すべて良し!という結論にしておこう。はぁと
さ~て今年もラストスパート。1年早すぎる・・。
【2009/11/20 08:31】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
大韓民国2

←ソウル最大の繁華街「明洞(ミョンドン)」
雨&夜の11時でもかなりの賑わい。
金曜の夜だからかな。
ソウルの若者や、サラリーマン、観光客の歓楽街といったところ。
キョロキョロしながら歩くと必ず日本語で勧誘されます。
(わかっていても初めてのソウル、キョロキョロせずにいれません。)

奥に小さく見えるのは、Nソウルタワー。

ソウルの治安はとてもいいと思います。



南大門(ナンデムン)市場(シジャン)。
看板は、ハングルと漢字と英語と日本語。飛び交ってる言語は日本語。
ブランド物のコピーや、屋台、コスメ、革製品など、値切って買えるところ。


水原(スウォン)華城(ファソン)。この太鼓マーク(じゃなくて対極マーク)、李王朝時代からのものだったのか・・。
ここの城壁は世界遺産に登録されている。


オンドル部屋の煙突。
ここは歴史ドラマ「チャングムの誓い」の舞台らしい。ドラマ観たくなりました。


昌徳宮(チャンドックン)世界遺産。王室の景福宮の離宮として1405年建造。
1時間20分のガイドツアーあります。それぞれ、韓国語、英語、中国語、日本語のツアーの時間が決められていて、1日4回しか入場できません。
とても広い!


玉座(君主の椅子)の後ろに「日月五嶽図」。左右対称に太陽と月、そして王の領土を表す5つの山。
この絵は、10000ウォン札にも印刷され、ホテルの部屋にも飾られていました。


景福宮(キョンボックン)の入り口で、兵隊さんの交代風景に遭遇!


景福宮(キョンボックン)に入り、ソウルの街を臨む。
ここも広い!このスケール、紫禁城を思い出しました。(京都御所はなぜ地味なの??中国発祥は同じでも、日本朝廷は謙虚だった??)


何故、朝鮮の王朝制度は第二次大戦で滅んだのか、旅行中疑問でしたが、調べてみるとやっぱり日韓併合の影響だったようで、隣の国のこと何も知らないなぁ・・。
政略結婚で、最後の李氏王朝の皇太子の后となった日本皇族出身のマサコさん、苦難の連続、そして韓国の人の為に尽くした功績はひたすら尊敬です。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/rimasako.htm


【2009/07/17 23:59】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
初めての大韓民国
ヨンさまにも、焼肉にも、エステにも特に興味はないのだけど、ウォンが激安だし、飛行機1時間半だし、っちゅうことで、週末ちょっと韓国体験してきました。
なんだかなぁ・・、一言でいうと感想はこんな感じ。
韓国に対してではなく、韓国観光の日本人に対しての感想です。同じ日本人として、ちょっと恥ずかしい思いをしましたが、怒濤のように押し寄せる日本人は韓国経済を支えているので、これでいいのかね?
韓国は国策として、ロッテ財閥を中心に大規模な海外ブランド免税店をいくつもオープンしています。
この日本人のために作ったようなブランド免税店、ヴィトンやグッチの店では、日本人が並んでました!(これも恥かしい・・。)私、もらえるんなら、しょうがない、ヴィトン使ってもいいけど、自分でお金出して持ちたくないので、店の前で並ぶ心理は理解できず・・。一生もらえないのはわかっているので、持つことはないです。

英語で尋ねても日本語で返ってくる。彼らの第二外国語は日本語なのか?この不況の中、お金を落としまくる日本人の言語は就職にとても重要なよう。
彼らにとって、日本人=お金、なんでしょう。なんだかな・・。
韓国人は過去の侵略もあって日本人のことはきらいでしょうが、きらっちゃいかんよ、こんなに貢いでいるのだから。
百聞は一見にしかず、実際体験すると勉強になりますが、こういう状況でも全く踊れない自分はやっぱり可愛げない。垢すりの時も、オプションのしつこい勧誘にすべて「No!」。はっきりいってボッタクリ料金だがな。
どこに行っても「金使ってけ~攻撃」にあい、ホっとできたのはフリータイムの旧所巡りだけかな。

結局私が買ったもの、①マッコリ(韓国どぶろく)3本、②スウェーデンのウォッカ1本、③BBクリーム1個(日本でブレーク中の韓国コスメ。興味本位)。以上。
現地のマッコリは、日本のどぶろくより酸味があって飲みやすくて、私は好きです。レストランでマッコリをオーダーしたら、「マッコリ飲むならチジミを食べなきゃ。」といわれて追加オーダーしましたが、マッコリとチジミの組み合わせは韓国では常識なのかな?ワインとパスタ、日本酒と刺身のように、特別素敵!とは思いませんでしたが。
日本人の韓国旅行の実態を知った楽しい旅でした。
【2009/07/16 03:30】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
北加州日記
帰国したので手短にアップします。

サンタローザにて。北カリフォルニアにもいい季節がやってきました。

チーズ専門店発見!(見てるだけで幸せ・・)

チーズといえばやっぱりワインよね。(ということでお隣はワインバーでした。)

「イン&アウト」のハンバーガー。美味しかったね。(友のブログアップのリクエストがあったので・・。)


・・・友よ・・・(削除要請してください。)
(業務連絡;Beanさん、友はこんな感じです。)


北カリフォルニア、また逢う日までさよなら!
(サンフランシスコ空港のエアトレインより)

【2009/05/28 14:47】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
南カリフォルニアにて
ロサンジェルス国際空港で・・
・入国後、ブッシュの写真に代わってオバマの写真の出迎えを期待したが、思いっきり工事中。お世辞にもきれいとは言えない西海岸の玄関。

・出国前、ここでは一度チェックインした後にまた荷物を別の場所に自分で運んでセキュリティに預けなければいけない。そこではカギのかかった荷物のカギを全部壊していた。帰国後わかったのだけど、私の荷物もしっかり調べられていた。

・手荷物セキュリティチェックの後、職員が大声で何か叫んだ後、客も職員も一斉にフリーズを強要され、これが2分くらい続いた。こんなの初めて。警備もポリスも多くて、常時テロ警戒中のようだ。いやな雰囲気。

・LAX近くのTravelodgeを探して1時間ほど道に迷った。Inglewoodの街は貧しい雰囲気。汚れた服をまとった高齢女性が けだるそうに歩いていた。

・最近は宿では1階のオフィスの近くの部屋を頼むのだけど、ここでは通りを渡って向こう側になってしまい、隣の人がイカツイ兄ちゃんだったので、少し気にしていたけど、無事この地も通過できて感謝。ここは治安が気になる。

メキシコ近くにて・・
・必要もなかったけど、サンディエゴより南下し、メキシコ国境に近い街に宿を取った。初めての土地に遠出してみたかったし、ここまで来れば、Best Westernに安く泊まれたから。

・郵便局では客も職員も、一人の黒人と私を除いてみんなヒスパニック。ここの公用語はまるでスパニッシュのよう。顔見ればわかるでしょうに、私にスパニッシュで話しかける人がいた。「ノー!エスパニョール!」と何回か返した。流れてくる音楽もまるで演歌のような・・。彼らは陽気で、裏表がないので好きですが。

・いきなり華氏105度(=36℃位か)の日差しに、手と顔に湿疹が出来る。結局戻ったLAでも100度超えだった。南は随分暑いのね、と思ったらニュースで、北カルも 100度超えてたのを知る。ちょうど異常気象に当たったようだ。

ANAブラボー!
・いつもアメリカンか、ユナイテッド航空にしか乗らないので、今回のANAのサービスには感動。アメリカの客室乗務員は男女、年齢、容姿関係なく入り混じって、たいがいラフなサービスなのに対して、ANAはすごかった。みな若い綺麗な女性で、アルコールは無料。しかもおかわりまで勧められ、その上食後にアイスクリームまでついてくる。思わず3本目のワインをお土産に持ち帰ろうとしたら、成田乗換えの時、再度セキュリティチェックで、取り上げられて泣きそうになった。

・成田-伊丹間は、LAX-NRT同様777-300型のジャンボ!座席はビジネスクラスだったので、座席のリクライニングで遊んでた。マッサージ機能まで付いてるとは・・。
無事に運んでくれさえすれば何も望まない飛行機だけど、こうも格差があると、やっぱり日本の航空会社はいいなぁ。
777(NRT)正面だとカッコよくない・・
・今回も総じていい旅でした~。有難いことです。

・関係ないけど、草薙くん、がんばれ~!彼を最低の人間と言った大臣の方が最低だと思う。全然問題ない許せる範囲。失望どころか応援したくなる。だいたいそんなことで騒ぎすぎ。
【2009/04/25 08:50】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
US宿泊事情
一昔前、まだネットの前の時代、安く泊まるためには、ホテルのクーポン券をハイウェイのサービスエリアやバーガーショップで見つけて使ってましたが、今では、プリペイのウェブ予約が主流です。
いかなる理由でキャンセルしても返金なしという強気のホテルも多い代わりに、15~20%安く泊まれます。サーチエンジンや、マイレージのプロモーションなど活用するともっと安くなる時もあります。


↑朝食もついて50ドル!(ゆで卵もチーズもフルーツもあり!有り難や~。)


↑このホテルでは、私の荷物が多いので1階のレートの違う部屋に同じ料金で変更してくれました。大きな綺麗な部屋でした。
英語力も低下するばかりで何かと不安が多い一人旅ですが、こういう人の優しさに触れると やっぱり旅はいいものだと思ってしまいます。
広大な北カリフォルニアの景色、とても新鮮で疲労があっても不思議と元気一杯でした。

【2009/04/15 10:57】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
血迷ったカリフォルニア・・
すごい記事を見つけてしまいました。
破綻宣言したカリフォルニア州の財政の建て直しの目的で、21歳以上の人に、マリファナを許可し、課税して、年間10億ドル以上の財源確保を狙っているだと!
アンビリーバブー!シュワちゃん、それはないでしょう・・治安悪くなるでしょう?社会に悪影響あるでしょう?それともマリファナって、それほど人体に影響ないの??日本でも若い層では広まっているようですが。
問題の記事 (Feb,25,2009,ウォールストリートジャーナル)

まだ州議会に提出された段階で法案通過してませんが、カリフォルニア州、いやアメリカ、終わった感があります。もう最近、アメリカの半狂乱ぶりを見ていると、常識、非常識、その線引きがよくわからないのですが、これはまずいんじゃないかと思います。(酔った頭でも・・)
州の失業率2桁いったのかな・・・・。

【2009/02/27 03:13】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
演説に感動


オバマさん勝ちましたね。
私はヒラリーさんを応援していたのであまりよく知らなかったのですが、勝利の演説には心底感動しました。演説のうまさはピカイチで人々を惹きつける力があるというの納得です。ネットで繰り返し聞いてしまいました。
オバマさんは ハーフだし、アフリカンアメリカンには違いないけど祖先は奴隷ではないので、厳密には本来のアメリカの黒人ではないと思うけれど、やっぱり肌の色で差別を受けてきた者や弱者の気持ちを理解できる人なんだと思いました。

黒人の公民権運動に一生を捧げたマーティン・ルーサー・キングJr牧師の「ドリーム」が飛躍的にはっきりと前進した一日だったのではないかと思います。
8年前のブッシュ勝利の悪夢から一転、アメリカってやっぱりこういうことが可能な素晴らしい要素を持った国だと思いました。日本では、例えばアメリカ人の父を持つ子供が総理大臣にはなることはありませんから。
金融危機があってこその勝利、変革を掲げたオバマさんへの過剰な期待からのものだったのかもしれませんが、アメリカ人を少し尊敬し直しました。
キング牧師が辿ったような暗殺という悲劇からは彼を守ってほしいです。

評価というものは後からつくのでしょうし、色んな深刻な問題は置いておいて、久しぶりに小さな希望の光が見えました。単純なので・・。
救世主になるのは難しいと思うけど、これからは応援しようっと。

【2008/11/07 02:47】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
アメ車の行方
アメリカ政府多額の援助を受けてGM(ゼネラルモーターズ)とクライスラーが合併されるようです。かつてアメリカ産業の象徴だった3大自動車メーカーの1つが消えて、残ったフォードは大丈夫なのかと心配です。

私がアメリカ在住の7年間でお世話になった車は、GMの四駆、フォードのエスコート、トーラス、トーラスワゴン、すべて中古車です。4台のうち、3台は私がラストオーナーでした。ポンコツのアメ車にばかり乗ったのは、単純に安いからという理由だけでしたが、実は大いに愛着を持っていました。
乗っていてタイヤが回らなくなったり、エンジンルームから煙が出たり、ハンドルがきれなくなったり、信号前でエンストしたり、何度か生命の危険を感じましたし、結果的にはどれも高い買い物になりました。
それでも、特有のぎこちないギアチェンジや雑音や振動などは、「今、私は車に乗って走っているのよ!」という特殊な高揚感を感じられて本当は結構好きでした。運転中の緊張も滅多に途切れませんでしたし、単独の長距離遠征から無事帰還できた時などは「無理して走ってくれてありがとう!」と心から感謝しました。いつも車は私の良き相棒でした。運転下手でキズだらけでしたが。

前回の渡米でも借りたのはフォードのコンパクトカーでしたが、燃費が大幅に改善され、これならいけるんじゃないかと思いました。
アメ車びいきの私としては、長きにアメリカを支えた自動車企業が姿を消すのはなんだか寂しく、つい哀愁にひたってしまいます。
【2008/10/29 17:03】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
北カリフォルニアの空
遠くどこまでも透き通る澄んだ空
なんて美しいんだろう・・・

SFOからハイウェイ280を南下してSan Joseへ

Oaklandの丘の上から

San Franciscoで見上げた空

ここにきたらこの空を見上げよう
【2008/10/18 16:13】 | USA&海外 | page top↑
エコカー発見
北カリフォルニアをふらついていたら・・・

サンフランシスコではこんな2人乗りの 可愛い車が隣にパーキングしてました。

小さいです。どこの車だろう。
今はレギュラーガソリンが1ガロン4ドルだし、CO2排出量の課題もあって、これからこういう車が増えるのでしょうか。
そしてその隣を、戦車のようなハマーが走り去って行きました。ほんとに極端な選択が許される国だこと・・。

私の借りた車は、見た目にはコンパクトではなかったですが、燃費はよかったです。
コンパクトサイズで、この大きさだったので最初は不満でしたが、結果オーライでした。

↑サンノゼの新しい「Yahoo」のビル

SFベイエリアは摂氏30度の暑さ、夏にむかってまっしぐらの真っ青な空。
カリフォルニアワインが美味しくて、ついまた戻りたくなっちゃいました。
様々な記憶が残るカリフォルニアですが、行く度になんだか故郷に帰ったように感じます。
今回は駆け足の滞在でしたが、来月は少しだけ長い滞在です。
友よ、よろしくね~。
【2008/04/18 00:00】 | USA&海外 | page top↑
嵐のカリフォルニア

ワインを飲みにカリフォルニアに来ています。じゃなかった、でもそんな感じです。
サンノゼのBascom aveに、友人の経営する"Kona Wave"というお洒落な寿司レストランがあります。美味しいので今回の滞在だけで5回も行ってしまいました!
サンノゼ界隈にお住まいの方は是非行ってみてください。
進化したお寿司ですが、味はアメリカナイズされていません。腕の確かな職人さんが腕前を披露してくれます。江戸前のにぎりも、お刺身も出してくれます。



前半はお天気もよくポカポカ陽気でしたが・・・

お正月を過ぎた頃から、サンダーストームがやってきました!地元の人たちは悪天候の運転に慣れていません。あちこちでスリップ事故を目撃しました。
友人宅に寄っていたところ、なんと停電になってしまい、ロウソクのもと、3人でロマンティックな宴会が始まりました!貴重な経験で楽しかったです。

その日は近所のお店は緊急閉店、ゴールデンゲイトブリッジもクローズだったようです。相変わらずカリフォルニアは電気などのインフラが弱いなぁ、と感じました。
【2008/01/07 11:19】 | USA&海外 | page top↑
新緑のヨセミテ国立公園
ヨセミテで2泊、キャンプや釣りやハイキングを楽しんだ。
なかなか写真では本物の雄大さが表せないのが残念だ。
yosemite1.jpg
yosemite2.jpg ハーフドーム
yosemite3.jpg ヨセミテ滝(?)
yosemite4.jpg釣キチ ロッククライマー?
yosemite5.jpg
yosemite6.jpg
yosemite7.jpg酒瓶ゴロゴロ・・
yosemite8.jpgしっとりと夜は更けて・・
yosemite9.jpg名前の通りミラーレイク
yosemite10.jpg
やっぱりアメリカはこの土地が魅力。
二日酔いの朝も、妙に心が洗われる思いがした。錯覚か?

(人物は小さくしていますが、無許可ですので、苦情があったら即刻削除します。)
【2007/06/12 16:24】 | USA&海外 | page top↑
帰国
SFO1.jpg
←サンフランシスコ空港のエアトレイン(レンタカーセンターなどを一巡するシャトルトレイン)から。


「カリフォルニア日記2」 は 次回にスキップするとして、11泊の出張から帰ってきた。
今回はホテルでゆっくりする時間がなく、ハードな日程だった。








SFO2.jpg
←同じくSFOのエアトレインからのハイウェイ


北カリフォルニアは最高の季節。飲み疲れもあって、フラフラしながら飛行機へ。
機内でもクアーズビールとキリンビールを飲んで、フラフラしながら関空へ。
タクシーでは乗合わせたイタリア人を助けて自己満足。(笑)

入国審査で関西弁の集団に紛れた時、なんだか違和感。
初めて故郷と感じられない寂しさ、そしてふと人生の哀愁を感じた。20年間ずっと成田に降り立っていたからね。
「ここはどこ状態」をまだ引きずっている。
すべてが変化している。目まぐるしくて結局フラフラする。


【2007/06/06 08:08】 | USA&海外 | page top↑
カリフォルニア日記1
HI350369.jpg
初めて関西国際空港から、サンフランシスコに飛んだ。
関空からサンフランまで、UAとANAの共同運航便が1日たったの1本、1ヶ月前の予約で既にキャンセル待ちの混雑で、ANAではなく、UAでようやく取れた。いざ着いてみると海に浮かんだ巨大な空港&閑散とした滑走路にびっくり。飛行機があまり飛んでいないのが明らか。なぜ新しい滑走路を作っているんだろう?こんなんで関空大丈夫なのか・・。

HI350371.jpgサンフランシスコには夏が来ていた!
この空、懐かしい~!!





HI350376.jpg
そして昨日はサンノゼのジャパンタウンで、YU-AI KAI(友愛会?)の主催で、アメリカ産の日本酒の利き酒会に友人たちと行ってきた。
20店舗以上の参加店舗にそれぞれ違うお酒が置かれ、合計30種以上の日本酒を堪能できた!
ここでこんな素敵な企画があったなんて今まで知らなかった。

HI350380.jpg
日本酒はアメリカ人にも大人気、パーティ感覚で盛り上がってた。

世界は広かろうが、場所が変わろうが、結局毎日酒漬けに変わりない。酒飲みの悲しい宿命・・。
【2007/05/26 00:34】 | USA&海外 | page top↑
アメリカ 携帯電話事情
アメリカ滞在時に携帯電話は必要不可欠。
今の携帯(au)は、IC(SIM)カードをそのまま海外でアンロックの3バンドGSM機に差し込むと、同じ電話番号で通話ができる手軽さが気に入って選んだ。多少割り高でも便利なのでいいかな、と思った。
でも、実際は失敗したと思っている。前回20日間の滞在で、通話料4万円かかってしまった。通話時間は送受信トータルでも40分以内と思う。
実は安くなると勘違いして、現地のコンビニで、国内コール120分(10ドル)と、国際コール20ドル分の、プリペイドカードを買い、auの回線でそのカードを使用して電話していた。(絶対通話料金が安くなると根拠のない確信を持っていたので安心して日本に電話してた。)

auではないサイトで調べたら、「アメリカのSIMカードは、かかってくる時も、かける時と同じ時間計算の通話料金がかかる。」らしい。と、いうことは・・・。
=「本来発生しない着信にも同じ料金がかかる。」=「本来発生しないプリペイドカードを使用しても同じ料金がかかる。」
ということなのか!?
やられた・・。(笑)

KDDIはアメリカ向けには実用的でないようだ。(他社他国の事情は調べてない。)
ということで、次回は学習を生かして、SIMカードをプリペイで現地調達することしよう。150分で27ドル!安い!
日本で買おうとすると、信頼できるT-Mobileなどは、145分間(有効期限30日)で5980円と当然割高だけど入手は可能。

というわけで、長くなったけど結論は、ロックフリーのGSM機(13000円で購入)と現地調達のSIMカードの組み合わせが一番安いかも?できれば、GSM機をもう1台追加してauのSIMで、日本からの緊急電話に備えられれば万全だ。

もちろんホテル滞在時はスカイプも有りだけど、まず相手がオンラインでないといけないし、スカイプから一般の電話にかける場合、ユーロだてなので、最近の高騰で不安がある。
その都度 高いレンタルや、日本の携帯会社で任せられない場合、これがベストチョイスかと思うのだけど、何かいい方法があったらどなたか教えてください。
【2007/05/13 22:09】 | USA&海外 | page top↑
| ホーム |