FC2ブログ
酒は涙か溜息か

京都赤酒 「ばくだん」 味はともかく色がきれい。
京都で昔から飲まれてるカクテルだそうな。赤玉ワインを使ってる?

「酒は涙か溜息か」昭和の名曲が流れ歌詞が切ない・・。
いやいや酒は心を映す万華鏡でしょう。
とりあえず今日も飲めればそれでよし。
スポンサーサイト



【2013/06/06 22:34】 | 酒!酒! (&食) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ペットボトルのボジョレーヌーボー

近頃流行りのペットボトルの解禁ワイン。スーパーで798円でした。
普段飲むタイプと違って、若々しいワインレッドの色が素敵。
真夜中に一人で飲みほす予定。丑三つ時を心待ちにしている私。


マイブームのくんせい鍋で作った自家製スモークサーモン。
これでワインとマリアージュ?!


色と香りが魅力的。年に一度はこういうのもいいかな。
【2012/11/16 22:15】 | 酒!酒! (&食) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
うまいワイン(メモ)
マストロベラルディーノ タウラージ・ラディーチ・リゼルヴァ 1999

基本的に赤ワインなら何でも好きですが、久々に これはとても好きだと思えるワインに出会ったので覚書きです。(もしかして有名かも?)
香りが魅力的なのと1日目、2日目、3日目それぞれ味わい深い。
ちびちびと全部飲んじまった
ワインは永遠のロマンだわ~。

--- 以下抜粋 ---
産地 イタリア カンパーニャ州 

品質分類・原産地呼称 タウラージ D.O.C.G.

格付 リゼルヴァ

ブドウ品種 アリアニコ 100%

深い色合いの赤色からは腐葉土、珈琲などのアロマにチェリーの果実果。チャーミングな酸と果実味のバランスに優れ、凝縮した赤い果実の味わいが楽しめる。まだまだ熟成が可能なワイン。

 「ラディーチ」とは「根源」の意味があり、「マストロベラルディーノ」と「カンパーニャ」の伝統とも言うべきワインです。このリゼルヴァはイタリアソムリエ協会で、イタリア全ワインのNo.1に輝いたこともあり、ワイナリー渾身の1本。 

しっかりとしたワインであると同時に素晴らしくデザインされている。
確実な生命感のあるタンニン、
舌の上で穏やかにリラックスしながら発展していく味わいは
普通のものとは明らかに異なる空間性とともに広がっていく。
--- 以上抜粋 ---
【2011/03/10 20:22】 | 酒!酒! (&食) | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
新世界、まさに新世界・・

葛井寺の帰りにぷらっと大阪新世界に寄りました。大阪人が誇る通天閣!
「安心と信頼の日立グループ」 思いっきり広告です。
1912年(明治45)パリのエッフェル塔をまねて、高さ75メートルの塔屋が建てられ新世界の名所となったそうです。
パ、パリのエッフェル塔ですか・・・。(苦笑)


明るい内から 串かつと熱燗、きゅきゅっとひっかけて帰ったのは言うまでもありません。
新世界での一杯は何故か格別に幸せでした。安い酒がよく似合うこと。
そしてそれが えらくうまいのです。



京都人は大阪人の悪口を、大阪人は京都人の悪口を叩くのがわかるような気がします。これは相思相愛ですね。
お隣さんのでありながら、新世界は こてこての別世界でありました。
新世界、またいくで。
【2010/04/08 00:00】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
夜の花街・祇園
京都エリアでの3人宴会の記録です。
1件目は河原町三条で、京料理とフレンチ割烹のお店。和の創作料理をフレンチ風にコース料理にした感じでしょうか。
ワインは、アルゼンチンの「トソ カベルネソーヴィニヨン」。これは口当たりが軽く飲みやすかった。

2件目は、祇園の、一見さんでもOKだけど、まず怖くて入れないお店。
細い通路を入り、看板もなく、間口の狭い引き戸、一見さんには無理です。つくづく排他的な世界です。
お座敷とスナック風のカウンターがあって、それぞれの部屋から、きれいな日本庭園を臨めます。
カウンター席で、常連さんのキープしていたボトルで、薄いウィスキーを数杯いただき、何もオーダーしなかったのに、3人で15000円。これが祇園のお通し料金か。座ってなんぼの銀座のスナックみたい。(銀座と比べたらまた怒られるんだろうけど・・)
祇園で遊べる人は、勘定なんて気にしない人か接待か どちらかでしょう。ステイタスなんだろうな。

3件目は、祇園の花見小路のライブハウス「ケントス」。ここは全国チェーンですが、外観だけはさすがに景観条例のある街だけあって町家風でした。


バンド「イエロージャケッツ」

なつかしの50~60年代ロックンロールの生演奏にあわせて、中年たちが踊りだす。この日の客層はサラリーマン風の人が多く、年齢層が上の方でひと安心。
せっかくなので、私も久々に踊ってみました。相当酔ってたので、ステップなんて関係ありません。恥ずかしくなんてありません。
気がつけば、閉店の2時までダサダサで踊りまくる我あり。同伴者はずっと寝てました。
結局、初対面の人と6時半から7時間以上、飲んで踊ってわっはっは状態。さすがに疲れました。今思うと、いい歳してブイブイ2時間も踊ってしまい、かなりアホでした。翌々日筋肉痛になりました。

祇園では本物の舞妓、芸妓さんたちをたくさん見かけました。
妖艶な雰囲気で、夜が本当の祇園の顔なんだと知りました。
ちと散財しすぎましたが、案内してくれた方に感謝。
【2009/10/25 02:07】 | 酒!酒! (&食) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
6月30日は水無月!

湿度72%、気温29℃、重く、息苦しい空気が漂う今宵の京都。気だるい梅雨の時期は、まず観光客は来ないでしょう。(来ない方がいいでしょう。)
夜も連日30℃近い熱帯夜が続くようになりました。日中は普通に30℃超え・・。

京都人は、1年の半分を迎える6月30日に、この「水無月」を食します。
厄をのがれ、夏を迎えようとする気持ちを込めて食してきたものらしいです。近所にたくさん小さい和菓子屋さんがあるので私もゲットしてきました!(この辺は和菓子屋と銭湯がやたら多い。)
昔、高級品だった氷をウイロウでつくり、氷で涼をとったつもりで食べよう!とつくり出されたのがこのお菓子。上の小豆は悪魔払いの意味を表しているそうな。

写真を撮ってませんが、神社に行くと、この時期は、残り半年の無病息災を祈願する神事、「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われています。境内の入り口に大きな「茅の輪(ちのわ)」が作られ、写真それを通ると、無病息災・悪厄退散になるといわれています。
私がチャリで寄った松尾大社では、「茅の輪(ちのわ)」を八の字を描いて3回くぐるように説明されていました。


↑あたしの今日のまかない。
水無月は、黒砂糖、抹茶、白砂糖の3種ありました。
水無月は今日中に食すようにと いわはりましたが、まあ無理やわ・・。

ちなみに、京都人は水無月は全国アイテムだと思い込んでいる人が多いようですが、これは紛れもない京都固有アイテムです。(それとも他の関西地区にあるのかは私にはわかりません。)
【2009/06/30 16:18】 | 酒!酒! (&食) | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
オーパスワンな夜
とても惜しい体験をしたので書きとめておきます。
ご縁あって、大阪の大変な資産家さん(不動産王)にお会いしました。
四条烏丸の料亭で、お料理は割烹のコースに、飲み放題がついていました。
飲み放題というのは私は苦手です。そうはいっても、貧乏性ゆえビールと熱燗(コップ酒)を存分にいただきました。お料理の味はどうだったか覚えていませんが、美味しかったに違いありません。

2次会は、資産家さんの宿泊されるというオークラで、みんなで軽く飲んでお開きにしましょう、ということになりました。
そして、軽く飲むというそのお酒の名前は・・、なんと「OPUS ONE」だったのです。
私がオーパスワンは美味しい!とほざいたものですから・・。
ルームサービスに、「オーパスワンある?」と聞いたところ、
しばらく経って「2003年もので価格が7万円です。」との返事に、
「もってきて。」の即答!
(ひえ~!!←私の悲鳴) 飲み放題の後にオーパスワン・・。
そしてその資産家さん、このワインを一口飲まれて感想を一言。
「うむ、葡萄酒だね。」
(私はこのコメントに笑いをこらえていました。)

私以外の3人は特にワイン好きではない様子でしたから、私一人で半分以上はいただきました。
なにしろ、舌の効かなくなった味覚で一生懸命、集中して味わいました。
そして感想は・・

「ふ~む、葡萄酒だわ。」

7万円のオーパスワン、味のわからない4人の胃袋に消えました。

感謝と悔恨の夜でした。(最初に飲みたかったよ。とほほ・・・)


【2008/02/13 23:37】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
恵方巻き(えほうまき)
節分に ひたすら無言のまま恵方を向いて太巻きを1本、丸かぶりすると、1年間無病息災が叶うそうです。今年の方角は南南東だそうです。
太巻きを切らずに丸かぶり・・、私は関東人なので、そんな愉快な風習知りませんでした。大阪発の風習みたいです。
皆さん、今日は南南東を向いて太巻きにかぶりつくのですぞ!
無言、っていわれなくてもしゃべれません。
【2008/02/03 14:01】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
京都の夏
kyoto1.gif京都の夏は恐ろしい。
左のグラフ、去年のデータでは8月の平均気温が38度!(ぎゃ~!!)
7月は異常に雨が多くないか?
今はまだ6月というのに、毎晩熱帯夜。

京都の女性は、肌を露出している人が少ない。そう、日焼け対策なのだ。


kyoto2.gif 雨の日でも面倒なのに、晴れた日に傘をさすなんて冗談じゃない、と思っていた私だが、ここでポリシー転換を余儀なくされた。
日ざしを気にせずにいたら、二の腕にシミの元になる赤いポチが出現。
泣く泣く、晴れの日は雨傘をさしてます。(日傘持ってない。)

← 京都って日本海に面してたの?
和歌山県って隣接してたのか!
琵琶湖ってでっかい。
関西初心者の純粋な驚き。=無知とも言う。

kyoto3.gif← そして京都市の内訳。
右京区と左京区がでっかい!
私の住む下京区、ちいさ~い!
酒作りで有名な伏見区、意外と近いので探検してみよう。









zubu1
最近の暑さで常温の(なまぬるい)赤ワインはさすがに飲めなくなった。
冷やした赤を飲むなら、ビールか冷酒がいい。といいながらも今ハマッてるお酒は、ポーランドのズブロッカ(アルコール度40%)と、ロシアのスミノフ(アルコール度50%)。

ズブロッカはハーブが入った薄い琥珀色のウォッカ。これは冷やしてストレートでちょっとづついただく。ほんのり甘い自然の香りがお気に入り。



smi1 そしてスミノフ。
これはストレートで1ショットいくだけで昇天する素晴らしい効き目のスピリッツ。これを飲んだ後の自分の顔は、この世のものとは思えない恐ろしい形相だ。
これをガブ飲みしたら、急性アル中で病院行きは間違いない。
クセもなくカクテルに最適なお酒。
最初は無理して飲んでたが、さすがにストレートは胃がただれそうので、最近はトマトジュースで薄めて飲んでいる。

三方を山に囲まれて、夏暑く 冬寒い 京都盆地。
釜茹での夏、底冷えの冬。
気候に合わせてお酒も変えて調節します。楽しみです!
【2007/06/20 17:26】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
脱・深酒宣言
最近お酒の量が増えている。飲んでる時は絶好調なんだけど、帰りの電車が辛くて3回も途中下車することがある。
翌日も使い物にならないし、翌々日にようやく、頭の中がすっきりする。
飲み過ぎなんだろう。
なぜ人は酒を飲むのか? そこに酒があるから に他ならない。
苦しみから逃避しようなんて気は毛頭ない。楽しいから飲んでいる。
そうは言っても、これじゃあ、ただの酒に溺れる寂しいバツイチ中年女。
ということで、このへんで軌道修正しようと誓う我あり。
【2006/11/08 03:25】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
浅草は夜

やっぱ〆は観音様よね~。

浅草寺界隈は、昼間は大変な混雑ぶり。行くなら夜が断然お勧め。
しかし、オヤジ衆がどこからともなく出没してくるので要注意。
(この場合、「オヤジ化した女性」も、総じて「オヤジ」の名称を与えるものとする。
ハイ私です。)
(境内まで行きながら、参拝せずに帰るのはもっての他。私だ・・)
以上浅草追記でした。


4件めくらいか・・できあがってきた~!
つまみなし。酒だけかいっ。
そういえば、女将は「つまみはない。」と言っていたかも・・。
料理ないのに呼び込むあたり、激しく尊敬



誰なんだ?このオヤジ衆は・・
競馬で300万勝った。これから皆で風俗いくとのこと。
そんな人生って・・・

うらやましい。
【2006/10/19 19:56】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
ディープな宴
久しぶりに親しい友人(超飲み仲間)に再会した。
すごいぞ~、もんじゃに始まり、飲み倒れに終わるディープな浅草。
神谷バーでは、お隣は「植木職人さん」と「屋根ぶき職人さん」だった。知らない人とおしゃべりが始まるのは下町ならでは。
勢いで4件ハシゴ。浅草案内のつもりが、すっかり自分が楽しんでしまった。
はっ!観音様お参りするの忘れたっ!
友人は今日成田へ向かった。出発前夜にお疲れ様でした。
次回はちゃんとお参りしましょうね・・。
私の歴史上、忘れることのできないディープな宴でした。

asakusa1.jpg asakusa2.jpg asakusa3.jpg asakusa4.jpg
【2006/10/15 15:57】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
ノンベとして生きる
ひとり静かに お酒を飲むようになって、アルコールがだんだん体内をまわっていく過程を冷静に観察できるようになった。
そう、私はひとり酒が好きなのだ。

それは、2003年にさかのぼる。
今は亡き父が、病気で床に伏していた時、飲めないくせに、寝たまま飲めるストロー状の飲み口のコップにビールを入れてもらい、死ぬまでずっと枕元に置いていたそうだ。でもちょっと口をつけるだけで、全然飲んでいなかったって・・・。
「人間やめますか、それとも お酒やめますか」
父は人間やめる方取った・・。
水道ひねる力もないのに、ビールのコップは必死で持ってたらしい。
そんなアホな血を半分継いでるんだもん。そういう事実は受け止めないと。
もっと優しくしてあげたらよかったよ・・。
お酒が飲める幸せを感じることができて幸せ。
【2006/05/22 04:05】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
| ホーム |