FC2ブログ
いちごちゃん激写
4年目の苺が実りました。
去年 100株まで増えた苺は、猛暑とアブラムシの猛攻、越冬(全くケアせず)の果てに9株に激減。栽培放棄で全滅するかと思ったんですが、生き残った苺は強し。

↑縮小してますが、1cm接写で撮ると種から生えてる毛と 細い産毛までよく見える。
これで自分を撮りたくないわ。
....
絵画風にアレンジしてみた。ちょっと怖いかな・・
最近の画像加工テクはすごいです。美人に修正することもできるらしい。今度自分を加工して、べっぴんさんになれたら載せますね。
細く修正することは既に可能なので、20代の顔に加工できるソフトも出てくるかも。シワを取って、全体的に上に持ち上げればできそうですね。
個人的な希望としては、写真からある特定の人物をきれいに消すことのできるソフトが出たら、絶対需要があると思うのです。(特に離婚経験者に。)そんなソフト、待ち望んでいます。そうすれば、いつでも過去の自分の写真を好きなだけ見れる!

福島に一時帰宅が許されて、住民が荷物を取りに行った時の取材で、アルバムが家族の宝といって持ち出した方を見て、家族の写真が大事なんて、過去を振り返ることができるなんて、過去を人に話せる人生を送ってこれたなんて、この人はこれまで幸せな人生を送ってこられたんだなぁ、なんて思ってしまいました。
私、いつの間にか過去を語らない、いや語れない人生になってしまったのよね。
(話がそれました・・)


ベランダの野菜たち、アルミを貼っているのは、アブラムシが光り物が苦手らしいので、その予防です。
5階でもどこからともなく、毎年やってくるアブラムシは、弱い農薬を使っても、全然減らなかったです。今年はいかに。
大きなプランターに、たくさん小鉢を置いているのは、長く下まで根を張らせるのと、土の乾燥防止のためです。

苺の他に、葉大根、三つ葉、青シソ、パセリ、かいわれ、二十日大根など、簡単な野菜も育てています。
近くに友人がいない私にとって、ベランダ菜園は良い癒しになります。
ベランダで一人物思いにふける今日この頃・・。(廃人モードON)
スポンサーサイト



【2011/05/19 01:54】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
はからめ開花!
中小企業会館で行われている確定申告の相談所、今日で3日連続で通いました。
やっとこさ、終わったで。

冬の間、一滴も水もあげずに、暖房のない室内に放置していたはからめ、今日ふとみると・・・

か、開花か!


開花じゃ~!
季節外れのような気がしますが、咲いたんだからそれで良しだよね。
わ~ん、フミさん、ハカラメ咲いたよ~!
虹色の花という噂もありましたが、全長1.5センチ程の可憐な小さなユリのような花でした。
他のハカラメメンバーはいかがでしょうか?(笑)
【2011/03/04 16:54】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ベランダのいちご菜園

いちごは多年草だけど、こんなに増えるのは想定外でした。今では50株以上、もうぼーぼーです。
今まで怠っていた水遣りだけど、さすがに暖かくなると、すぐシナビてしまうので、1日2回が結構大変。
地面だったら、もっと楽なのだろうに・・。

↑ この子が最初の1株。3年めになると根元が幹のようにたくましい。
孫が実をつけているっていうのに、まだまだ実をつけるパワー、植物ってすごい。
そして、早くもランナーを伸ばし始めている。
いちごの寿命って何年なのか、この子で観察しようと思う。

このままだと今年は最低でも250株に増えてしまう計算になる。
それは無理~。どんどん伸びるランナーをカットするしかないか・・。

ハカラメは縮んでしまいましたが、なんとか越冬しました。
【2010/05/04 20:09】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
はからめ1歳

大切な友人が亡くなって今日で1年・・・
サンノゼで一人暮らししてた時の恩人でした。
大好きで尊敬してました。

私のハカラメもなんとか1歳になれた。
この環境でも何とか2株。強い子はいるもんだなぁ。
このまま大きくなってね~!
【2009/10/01 16:34】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
実りの秋!
実りの秋がやってきました。
ベランダの苺も ほれ、こ~んなに!、って違うだろっ!
何を勘違いしたか、今も花をつけてこれから実を結ぼうとしてる苺がまだ数株。
秋に実がなるのもいいんだけど、私のようにヘソ曲がりな奴だな。

2年前に1株買っただけなのに、どんどん増えて、50株を超えそう。
ベランダ苺だらけで水やりが大変だ~。

【2009/09/13 22:27】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ハカラメの危機
近畿地方は8月3日にようやく梅雨が明けた。
2日に見た大きなキノコ雲、すごかった~。これは来る!と慌てて帰ったら、ヒョウが凄い勢いで降ってきて、それから東南アジアのスコールのような 一過性のどしゃぶり。これが梅雨の最後の雨になった。今年の異常気象を象徴してた。神戸では1日で1年分(!)降ったとか・・。


1ヶ月以上続いた太陽の出ない高温多湿のもと、私の大事なハカラメ、かなりやばい状態になってしまったよ・・。葉っぱの縁からどんどん茶色に・・。
わ~ん、ふ○さんごめんなさい~!
80%を超える多湿は、やっぱり乾燥を好むハカラメには過酷だったのかな。弱っていくハカラメをただ見守ることしかできない私でした。TAMさん、ヨセミテさん、あとは任せた。(ここの気候ではもう自信喪失)七色の花を咲かせておくれ~。
それとも、これから少しは復活してくれるかな。


ああ、これから京都は35℃超えの日々が始まる・・。
元気なのは、あまりケアしてないアロエと イチゴと アイビーだけ。
【2009/08/04 16:14】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
いちごの収穫!

おととし買った1株から、去年は6株増えて全部で7株、立派ないちごができました!
いちごってかわいい~!!


そして親株はもうランナーを2本伸ばしています。
このまま増え続けたら一体・・・。


ねぎ坊主ができました。
パセリも花が咲きそうです。
【2009/05/16 17:34】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
園芸革命ハンギング トマト
ホテルのテレビでPRしていた商品が頭から離れなかったので、検索してみました。
改良されたってことは、昔からあったスタイルなのでしょう。
植物は地面から天に向かって伸びる、という常識を覆す斬新な発想。
トップに水を1ガロンストックできるようです。こりゃ手間要らず!
くだらない商品が多いアメリカの通販で、これは試してみたい!と一人絶賛してました。
今ベランダで育てているイチゴで是非応用したいです。


HPはこちら↓(要らんてか・・)
http://www.gardeners.com/Gardeners-Revolution-Planter/37-850,default,pd.html?SC=XNET8002

【2009/04/28 11:10】 | 園芸 | page top↑
はからめ2

今日も京都は最低気温0℃と寒かったのですが、陽射しはだんだん暖かくなってきました。
寒さが苦手のはからめは、冬に成長が止まり、そのうち1本がほとんど葉っぱを落とし、かなり生存の危機にあったのだけど、なんとか新しい葉を出しました。
去年の10月、10人ほどの人がもらい受けたこの苗、あれから半年、どれだけの人が順調に育ててるんだろう。


もっと大きくなれ~!

(ブログのRSSで勝手に広告を出されていてご迷惑をおかけしています・・。コレ消せないのです。)
【2009/03/15 15:23】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
はからめ1
名前の由来は、「葉から芽」。

広島の友人宅で育てられていた高さ1mくらいの巨大な「はからめ」、昨年の12月にサンノゼの友人が貰い受け、ジップロックに入れて成田からサンフランシスコに旅した小さな葉っぱは、カリフォルニアの絶好の温暖気候のもとすくすくと成長していました。

そして今回、彼女が持ち帰ったはからめの葉っぱが、同じようにジップロックに入れられて、サンフランシスコから関空、そして私の家にやってきました。
旅の多い葉っぱ。

長旅の疲れも見せずに、しっかり着地しました。生命力の強い植物です。
今回10人くらいの人がこの葉っぱをお裾分けしてもらいましたが、皆さん育ててくれているのかな。
数人の人は放っているかもしれませんが、せめてこのブログを読んでくれた方は以下の栽培方法で、よろしく!(^^)

- 育て方はサボテンとほぼ一緒
- 水は少ないほうが良い
- 日光にはガンガンあてる
- 寒さに弱いので、冬期はあったかい室内のひなたにおく

数年後、七色に輝く花を咲かせるそうです。

おまけ
←いちごは5株ふえました

   ↓アロエは子株をつけました









【2008/10/20 18:30】 | 園芸 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
いちごのランナー

去年の秋に買った苺の苗、何度も留守で枯れそうになっては、見事に復活し、このたび、ランナーを数本伸ばし始めました。
苺は、暑さ寒さに強い多年草。ランナーを伸ばして先端に子株を作ります。


このランナーを無事に新しい鉢に着地させることができれば、来春はもっと収穫が見込めるかもしれません!
これは日光と水さえあれば、無精者でも簡単に栽培できるのでお勧めです。
【2008/08/29 17:27】 | 園芸 | page top↑
秋のベランダ菜園

ベランダだけは広い賃貸マンションに住んでいます。何故かベランダが西南北の3方についています。(部屋はとっても狭いけど、文句を言える立場ではありません。)

定住している秋の間に、ベランダでガーデニングを始めました。秋植えの野菜たちです。









育てているのは食べられるものばかり。
イチゴ、春菊、壬生菜(みぶな)、ブロッコリー、二十日大根、白い大根、ペパーミント、ローズマリー、唐辛子、パセリ、三つ葉、ねぎ、クランベリー等。
そして、とても役にたつアロエ。時々葉の一部を切って肌に塗りこみます。

紫の実をつけているのは、“紫式部”という和の趣のある落葉木。






秋植えの素晴らしいところは、

-暑くない
-水やりが少なくて楽
-植物に虫がつかない
-雑草が生えてこない
-蚊にさされない

ベランダガーデニングの素晴らしいところは、

-腰が痛くならない
-ぼーっとしてても人に見られない。

ってことでしょうか。
地方といっても大きな都市なので、緑は和みます。



先週は、日陰を好み寒さに強いというアイビーを198円で買いました。よく建物や塀を覆っている植物です。
これはベランダに放置して育てるつもりです。果たして増やせるか?

収穫が楽しみで、毎日の水やりが楽しいです。
秋のガーデニング、定番になるかもしれません。






【2007/10/23 14:23】 | 園芸 | page top↑
| ホーム |