FC2ブログ
心に残る仏像ーかるら

近鉄電車に乗って1時間ちょっと、奈良の東大寺と興福寺に行ってきた。この2つのお寺は奈良駅から徒歩で行けるのだ。

奈良の大仏さん、小学校の修学旅行以来30年ぶり!
お久しぶりでございます。
人間はこんなに変わっても大仏さんはいつまでもご立派で・・。
これからもずっとお変わりなく・・。





←鹿と仲良しの鹿せんべいやさん


興福寺は2010年が平城京以来1300年という節目もあって、大掛かりな再建工事が執り行われていた。




←阿修羅像(本の写真から撮影)

興福寺の国宝館は、その名の通り国宝だらけの展示で素晴らしかった。
ここで超有名なのは、奈良時代(734年)に作られたという八部衆立像のひとつ、阿修羅像だ。
顔は3つ、手は6本、もともとは仏教ではなくインドの太陽神であり、戦闘神だったが、釈迦の教えに触れ仏教の守護神になったという。



←迦楼羅像(本の写真から撮影)

もちろん阿修羅像も感動したが、個人的に印象深かったのは やはり八部衆のひとつ迦楼羅像(かるら像)だ。インドの神話上の空想の巨大な鳥で、龍を常食する。仏教の守護神としては、毒や煩悩、また害を与える一切の悪を食い尽くし、人々に利益をもたらすという。

インドネシアの「ガルーダ航空」はヒンドゥー教で、空を支配する鳥の神様からの由来だそうな。
日本ではこの神様が、「天狗鳥」になった。
そういえば、アニメの鬼太郎にも寺の守護神として「カルラ様」が登場したことがあったような気がする。
ちなみに、京都三十三間堂のかるら像は背に翼があり、手には笛を持っている。


この八部衆、8体並んで展示されているのだが、元は異教の神だけあって、姿かたちがバラバラ。仏教に取り入れられた後でも異教の神の姿のまま表現される。守護神という性格上、阿修羅以外は7体とも武装していた。

日本仕様に発展した仏教だけど、この時代はまだまだ異国の特徴がでていて興味深かった!京都とは一味違う個性的な仏像が多くあるんだなぁ。まだ仏教が日本で確立されていない頃の仏像だからなのか。
奈良は期待以上に面白かった。
次回は法隆寺と古墳巡りをしたいと思った。(涼しくなったら・・)

スポンサーサイト



【2007/07/24 15:54】 | 関西 | page top↑
祇園さん 行かはりますやろ?
まだまだ観光気分の私なので7月に入ってから どこのスーパーに出掛けても、「コンチキチン」のメロディ奏でるお囃子の音が流されるのを聞いてびっくり!「団結した街なんだなぁ」と感心せずにいられない。
そういえば、7月は京都では日本三大祭りのひとつ、祇園祭がある。
1日に、祇園の出発点である八坂神社を通った時、厄払いの儀式が執り行われていたのは、祇園祭の一貫行事だったのか、と今更気づいた。
今年は16日(月)の宵山が海の日で祭日なので、宵々々山の14日から3連休とあって、気合が入っている様子だ。
相方の会社なんぞは、17日(火)は祭りのクライマックス 山鉾巡礼のために会社がお休みなんだそうだ。(ひえ~!祭りのために会社が休みとは!)
今年は大型台風接近でどうなることだろう。17日は雨が降ろうと風が吹こうと中京の街の中心地を山鉾巡礼は練り歩くそうだ。今年はぎりぎり免れそうだけど、台風直撃でも決行されるのかしら。
残念ながら私は祇園さんには行かへんが・・。

↓(■参考までに祇園祭について■
続きを読む
【2007/07/13 17:01】 | 京都 | page top↑
なんばグランド花月(N.G.K)

「N.G.K」に行ってきた。
さすが大阪が誇る吉本興業、大阪の一等地(?)にでんと構えた笑いの殿堂 「なんばグランド花月劇場」は、週末ということもあって満席、大盛況だった。
「吉本新喜劇」のボケとツッコミは素晴らしい!この種の笑いは、後に何も残さないのか、あれだけ笑ったのに、後でストーリーを思い出せなかった。

笑い疲れた上に、大阪の繁華街は、お好み焼き、たこ焼き、パチンコ、パチスロ、その他、とにかくすべて大阪らしくて楽しめた。京都とは別の濃い世界、1時間の距離とは信じがたい。
ただひとつ、道頓堀川の有名な橋の欄干が2mのガラス張りになっていたのが残念。ここから川に飛びこむ阪神タイガースファンを阻止する苦肉の策らしいが、外観が台無しになっていた。今も川を覆ってなにやら大工事をしていた。

京都では週末の土日に「吉本新喜劇」をテレビ放映している。これは関西圏だけなのか。私は漫才派ではないけど、ワンパターンの人情味あふれる吉本の喜劇は大好き。大阪発お笑い芸人がモテるのが納得なのだ~。
【2007/07/03 01:01】 | 関西 | page top↑
| ホーム |