FC2ブログ
東寺 弘法さん
毎月21日は、東寺で弘法市(弘法さん)が行われます。
17年ぶりに行って参りました。先週も偶然 東寺の国宝、五重の塔内の特別拝観に行ったので、このところ東寺づいてます。(ただ近いという理由だけですが・・。)
お店は骨董品、着物の古着、手作り品、食べ物屋台とごっちゃごちゃ。世田谷の"ボロ市"みたいです。境内をぐるぐる回っても飽きることはありません。17年前は退屈でしたが、今では興味津津です。(骨董が似合う年齢になったということか?)
骨董品は難しい・・。玉石混合と思います。交渉の余地はあるのでしょうけれど、弘法さんの土地柄と知名度で、お値段も割り高に感じます。
目利きが利かないくせに、何か買おうと目を皿にして探したところ、戦後の九谷焼の蛸唐草の招き猫、とても気に入ったのですが、お店のオジサンが仏頂面で、私に売る気がないようで、わずかな会話で諦めました。
戦利品は、奈良の陶芸家のおにいさんの手作りの粉引き湯呑みと、伏見のお茶です。陶芸のおにいさん、自分からマケてくれたのであっさり買いました。やっぱり対面販売は商人根性のある人でないと。(それとも若い男性に甘くなったということか?)

京都駅からも歩けるので、21日に京都へ来られる方にはお勧めです。




↑2月中旬の五重塔内の特別拝観の時の写真です。
残念ながら塔内の撮影は禁止でした。
心柱を大日如来とみたて、その周囲の四方に、4体の如来像と8体の菩薩像。そして柱にぎっしりと描かれた「曼荼羅(まんだら)」の世界と壁に描かれた空海(弘法大師)はじめ、インド、中国の祖師たち8名の肖像画。
五重塔の中にこんな世界があったとは驚きでした。。曼荼羅の世界に、かなり興味を持ちました。
そうか、方角には意味があるのか・・・。勉強してまた出直そうと思います。

東寺の五重塔は、どう撮っても「いかにも京都」 というものになってしまいます。

まぁ、いいんだけど、近くて遠い京都・・かな。

↑晩秋の五重塔
スポンサーサイト



【2008/02/22 16:38】 | 京都 | page top↑
オーパスワンな夜
とても惜しい体験をしたので書きとめておきます。
ご縁あって、大阪の大変な資産家さん(不動産王)にお会いしました。
四条烏丸の料亭で、お料理は割烹のコースに、飲み放題がついていました。
飲み放題というのは私は苦手です。そうはいっても、貧乏性ゆえビールと熱燗(コップ酒)を存分にいただきました。お料理の味はどうだったか覚えていませんが、美味しかったに違いありません。

2次会は、資産家さんの宿泊されるというオークラで、みんなで軽く飲んでお開きにしましょう、ということになりました。
そして、軽く飲むというそのお酒の名前は・・、なんと「OPUS ONE」だったのです。
私がオーパスワンは美味しい!とほざいたものですから・・。
ルームサービスに、「オーパスワンある?」と聞いたところ、
しばらく経って「2003年もので価格が7万円です。」との返事に、
「もってきて。」の即答!
(ひえ~!!←私の悲鳴) 飲み放題の後にオーパスワン・・。
そしてその資産家さん、このワインを一口飲まれて感想を一言。
「うむ、葡萄酒だね。」
(私はこのコメントに笑いをこらえていました。)

私以外の3人は特にワイン好きではない様子でしたから、私一人で半分以上はいただきました。
なにしろ、舌の効かなくなった味覚で一生懸命、集中して味わいました。
そして感想は・・

「ふ~む、葡萄酒だわ。」

7万円のオーパスワン、味のわからない4人の胃袋に消えました。

感謝と悔恨の夜でした。(最初に飲みたかったよ。とほほ・・・)


【2008/02/13 23:37】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
雪の金閣寺と仁和寺
京都でもこの冬 初めて本格的な雪が降りました。(待ってました!)
おのぼりさんの私は、雪景色の金閣寺の写真を撮りたくて、防寒装備万全を期して行って参りました。
週末と重なって、金閣寺は大変な混みようでした。ここへは何度も行っていますが、初めての雪の金閣は格別で感動しました。





↑まるで白黒写真のよう・・



↑仁和寺の五重塔

↑仁和寺・左近の桜・右近の橘

↑↓仁和寺の世界遺産にも登録されている庭園



↑雪の上にも模様が描かれています。さすが!

仁和寺は人も少なく、ゆっくりと雪景色を堪能できました。
紅葉もいいのですが、雪景色も言葉をなくす美しさでした。
靴を脱がなくてはならないお寺さんに行く場合、冬場はスリッパ持参しようと思いました。外の廊下では、足先の感覚がなくなる冷たさです。
それにしても、私はもう冬の京都はミッション コンプリーテッド。もう思い残すことはないです。
日本列島、春が待ち遠しいですね。

【2008/02/09 21:17】 | 京都 | page top↑
恵方巻き(えほうまき)
節分に ひたすら無言のまま恵方を向いて太巻きを1本、丸かぶりすると、1年間無病息災が叶うそうです。今年の方角は南南東だそうです。
太巻きを切らずに丸かぶり・・、私は関東人なので、そんな愉快な風習知りませんでした。大阪発の風習みたいです。
皆さん、今日は南南東を向いて太巻きにかぶりつくのですぞ!
無言、っていわれなくてもしゃべれません。
【2008/02/03 14:01】 | 酒!酒! (&食) | page top↑
| ホーム |