FC2ブログ
醍醐寺(だいごじ)
最近開通した地下鉄東西線を使って、初めて醍醐寺に行きました。醍醐寺は、、京都市伏見区東方に位置し、醍醐山に広大な境内をもつ寺院で、1日かけて回りたいエリアです。
行って初めて知ったのですが、比叡山延暦寺のように覚悟して出かける価値のあるコースだと思います。
体力切れ、かつ時間切れで頂上まで行けませんでした。

このところの花冷えの中、枝垂桜は満開を迎えていました。
ここには巨大な枝垂桜があります。こんな大きな桜は初めて!
枝をたくさんの柱に支えられ横に大きく広がっています。お見事でした。


↑枝垂桜の巨木。これで1本の木です・・。

↑桜の花は、この短い開花期に 精一杯人間に恩返しをしてるようです。
どれだけ手間をかけられて育ったのか・・。


↑やっと見れました。醍醐寺の五重塔
応仁の乱でも奇跡的に残った 京都で最古の建造物。創建は951年。

↑ソメイヨシノはまだ5分咲き位

京都のメジャーな神社仏閣も、だいたい制覇したと思っていましたが、まだまだ甘かったようです。
1000年以上の歴史と、多くの文化財を持つ醍醐寺の規模にはびっくり。本尊の薬師如来像も、三宝院の庭園(いずれも撮影禁止)も類をみない素晴らしいものでした。日本人はすごい。(すごかった、かな?)

スポンサーサイト



【2008/03/31 01:43】 | 京都 | page top↑
梅だより
師走の紅葉から3ヶ月、はや季節は巡り、梅の季節がやってきました!

この冬の寒さは堪えました。はっきりいって、若いのは気持ちだけ、体は免疫力が低下してるのを身にしみて実感、先週まで点滴の治療を受けていました。今は体重を増やす努力をしています。
病み上がりの体で、はりきって梅巡りです。

第一弾は、「北野天満宮の梅苑」、
第二弾は「梅宮大社」、
第三弾は「梅小路公園」。
はぁ・・しんどかったです。

↑梅といえば北野天満宮?


↑こんな混んでる北野天満宮は初めてです。左近の松・右近の梅とは珍しい!
そういえば、7月はこの境内いっぱいに、梅の実を干していましたっけ。
↓これが、その時の写真。これで当時の謎が解けました。


↑「紅葉の御土居」から「梅の御土居」へ変身。
この眺めを楽しみながら、梅茶と「老松」の和菓子で至福のひとときです。

↑無心にお食事中のメジロ

↑梅宮大社の庭

↑珍しい梅の大木

↑梅小路公園は、公園の少ない市内では髄一大きな公園で、市民の憩いの場になっています。
ガラス張りのレストランは、美しい庭園を眺めながらお食事できます。


関東に比べて、寒くて暑い過酷な気候の京都ですが・・
大阪に比べて、オモロイ人がいない、「いけず」の京都ですが・・
こうして日本の四季の彩りを堪能できる名所が無数に点在してるのが せめてもの救いです。
【2008/03/11 00:47】 | 京都 | page top↑
| ホーム |