FC2ブログ
西陣 くぎ抜きさん


東京巣鴨には有名な「とげ抜き地蔵さん」がおられますが、京都西陣には「釘抜き地蔵さん」がおられます。正式名称は石像寺 (しゃくぞうじ) 。
人々の苦しみを抜き取る地蔵菩薩を本尊としています。

弘法大師様(空海)は、819年に石像を彫り、人々を苦しみから救おうと「苦抜(くぬき)地蔵」と名づけられましたが、後に「釘抜(くぎぬき)地蔵」と呼ばれるようになりました。2本の五寸釘と釘抜をくくりつけた絵馬が本堂の周りにびっしり。これらは願いごとが叶い、お礼参りに来られた方が奉納された絵馬だそうです。

お参りの仕方は、自分の歳の数だけ、30cm位の竹の棒を持ち、本堂の周囲を時計回りに、歳の数だけ周ります。1周する度に、手に取った竹の棒を1本づつ箱の中に納めていくので、正確に歳の数だけ周ることができます。歳を取れば取るほど、周る回数が増えてしまうということは、それだけ苦しみも頑固になって、抜くのが大変になっていくということでしょうか。



バスで一緒だった腰の曲がったお婆さんも熱心にお参りしておられました。この方が周ったら90周くらい(?)ですから、それは免除でしょう。お線香を立て、お寺のすべての仏様に手を合わせ、大きな声で「南無阿弥陀仏」を唱えておられました。新しく来られた車椅子の方も周っていませんでした。

そのお婆さん、なんとも無邪気な姿で丁寧にお祈りされていて、可愛いなぁと思いました。きっと常連さんなのでしょう。(一番上の写真に写ってました。)日本のお婆さんは可愛らしい人が多いですね。



このお寺のある千本通りは、平安京時代は朱雀(すざく)通りといって、平安京に通じる中心地だったそうです。道路を隔てた斜向かいに、「千本閻魔堂」があります。
この辺りは観光地の華々しさはありませんが、穏やかな時間と共に、普段着の京都を感じることができるエリアです。
スポンサーサイト



【2008/09/27 22:14】 | 京都 | page top↑
AIG
リーマン破綻以来、7時のNHKまでトップニュースになっているのでちょっとびっくり。今までそんなに経済ニュース取り上げてなかったので、やっぱりこれは大きなニュースだったのかぁ、自分の感覚が麻痺してる証拠です。
AIGのことも大きく取り上げていますね。日本では、AIGエジソン、AIGスター、アリコ、AIU、アメリカンホームとして随分と馴染みがあります。私の養老保険も加入当時は、セゾン生命でしたが、いつの間にかAIGエジソン生命に変わっていました。あと2年で満期ですが、会社が潰れたら保険ってどうなるのだろう!今まで考えたことがなかったです。
自分にも関係のある保険会社ですが、もういっそのこと勢いで潰してしまえば、すっきりするんだけど。と思う私の感覚はやっぱり麻痺してるんだろうな。
【2008/09/17 01:54】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
名月祭 平野神社


9月14日、今宵は中秋の名月です。
桜の名所で有名な平野神社で恒例の名月祭に行ってきました。
ここはバスで10分なので、最近やっと地理がはっきりわかってきたエリアです。








今夜(14日)のお月様は霞んでいました。
朧月(おぼろづき)は春の月の名称らしいので、秋のこういう月は何と呼ぶのだろう?

日中の気温はまだ30度を越えていますが、朝晩だいぶ過ごしやすくなりました。
京都の貴重ないい季節がやってきます!(待ってたよ~。)




本殿前の舞台では、能楽、剣舞、浪曲などが3時間ほど奉納されていました。皆さん素人さんのようでした。見物人は30人くらいでしょうか。
春の花見の賑わいとは正反対の趣きで、屋台の出店もなく、静かな大人の夜祭りでした。


ここでは「冷やし飴」が振舞われていました。甘みと生姜の風味が効いてとても美味しい。これは京都にきてよく見かける飲み物で、夏にぴったり!最初の頃は感動しました。
それにしても、夏の終わりがこんなに嬉しいのは初めての経験です。西日本、特に、近畿(特に大阪と京都)と 東海(特に愛知と岐阜)は日本で一番暑い所です!最近特に暑いのだろうけど、関東に居た時は知らなかった事実です。
【2008/09/15 03:22】 | 京都 | page top↑
閻魔堂(えんまどう)

訪ねたお寺や神社をすべて日記(ブログ)にアップできないのですが、この引接寺(いんじょうじ)(通称;千本閻魔堂(せんぼんえんまどう)は、変わり寺として紹介させて下さい。
かなりマイナーなお寺ですが、強烈な印象です。
7月、京都は猛暑に見舞われ、この日も最高気温37度との発表でした。炎天下では40度、千本釈迦堂から20分歩いてこの閻魔堂に着いた時には鼻血が出るほど暑く、もうフラフラでした。

このお寺の本尊は、地獄の王様、泣く子も黙る閻魔大王です。
初代閻魔像は応仁の乱で消失していて、この2代目は鎌倉時代(500年前)の作だそうです。
閻魔大王より現世浄化のため、先祖を再びこの世へ迎える供養法は、後に日本の伝統習慣である「お盆行事」へと発展するようです。
なるほど、死者の霊を迎えるには、あの世の入口におられる閻魔様の許可がいるということなのですね。

お参りといえば、願い事をしたり、成就を感謝するのが常ですが、暑い苦しさのせいもあったのか、この閻魔大王の恐ろしい形相を目の前にしたら、どういう訳か私は手をあわせて過去の数々の悪事を懺悔していました。
そして、最後に「ごめんなさい。」と思わず謝りました。お寺で懺悔したのは初めての経験です。恐るべし閻魔様・・。

大王の左右に側近として、弁護人と検事らしき像がまつられていたと思います。三途の川を渡る前の裁判をイメージして作られたのでしょうか?よくわかりません。
手前の木像は、どなたなのかはわかりません。
そしてどういう訳か、ここには紫式部の十重の供養塔(重文)がひっそりと墓地にたたずんでいます。紫式部のあの世で不遇な姿を成佛させるために建立されたということは、紫式部は地獄へ行かれたということ???

熱中症のために写真はたったの3枚、しかも他の2枚はピンボケ。(笑)
偉大な大王様のおられる小さなお寺さんでした。
【2008/09/02 01:53】 | 京都 | page top↑
達磨寺(だるまでら)

法輪寺(通称;達磨寺)までサイクリングしてきました。ママチャリで片道20分位。
涼しくなったと思ったら、8月最終日の今日は33.4度の暑さ、久しぶりにすがすがしい夏の終わりの青空が広がりました。

達磨大師(インドから中国へ禅を伝えた禅宗の初祖)を本尊とするので、達磨寺の愛称で呼ばれています。
転んだ力の大きさで起き上がる強い達磨さん。パワーをもらえるお寺です。


こういう個性的なお寺が好きなので、つい写真をたくさん撮ってしまいました。

八千体の達磨をまつる「起き上がり達磨堂」
続きを読む
【2008/09/01 00:50】 | 京都 | page top↑
| ホーム |