FC2ブログ
大韓民国2

←ソウル最大の繁華街「明洞(ミョンドン)」
雨&夜の11時でもかなりの賑わい。
金曜の夜だからかな。
ソウルの若者や、サラリーマン、観光客の歓楽街といったところ。
キョロキョロしながら歩くと必ず日本語で勧誘されます。
(わかっていても初めてのソウル、キョロキョロせずにいれません。)

奥に小さく見えるのは、Nソウルタワー。

ソウルの治安はとてもいいと思います。



南大門(ナンデムン)市場(シジャン)。
看板は、ハングルと漢字と英語と日本語。飛び交ってる言語は日本語。
ブランド物のコピーや、屋台、コスメ、革製品など、値切って買えるところ。


水原(スウォン)華城(ファソン)。この太鼓マーク(じゃなくて対極マーク)、李王朝時代からのものだったのか・・。
ここの城壁は世界遺産に登録されている。


オンドル部屋の煙突。
ここは歴史ドラマ「チャングムの誓い」の舞台らしい。ドラマ観たくなりました。


昌徳宮(チャンドックン)世界遺産。王室の景福宮の離宮として1405年建造。
1時間20分のガイドツアーあります。それぞれ、韓国語、英語、中国語、日本語のツアーの時間が決められていて、1日4回しか入場できません。
とても広い!


玉座(君主の椅子)の後ろに「日月五嶽図」。左右対称に太陽と月、そして王の領土を表す5つの山。
この絵は、10000ウォン札にも印刷され、ホテルの部屋にも飾られていました。


景福宮(キョンボックン)の入り口で、兵隊さんの交代風景に遭遇!


景福宮(キョンボックン)に入り、ソウルの街を臨む。
ここも広い!このスケール、紫禁城を思い出しました。(京都御所はなぜ地味なの??中国発祥は同じでも、日本朝廷は謙虚だった??)


何故、朝鮮の王朝制度は第二次大戦で滅んだのか、旅行中疑問でしたが、調べてみるとやっぱり日韓併合の影響だったようで、隣の国のこと何も知らないなぁ・・。
政略結婚で、最後の李氏王朝の皇太子の后となった日本皇族出身のマサコさん、苦難の連続、そして韓国の人の為に尽くした功績はひたすら尊敬です。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/rimasako.htm


スポンサーサイト



【2009/07/17 23:59】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
初めての大韓民国
ヨンさまにも、焼肉にも、エステにも特に興味はないのだけど、ウォンが激安だし、飛行機1時間半だし、っちゅうことで、週末ちょっと韓国体験してきました。
なんだかなぁ・・、一言でいうと感想はこんな感じ。
韓国に対してではなく、韓国観光の日本人に対しての感想です。同じ日本人として、ちょっと恥ずかしい思いをしましたが、怒濤のように押し寄せる日本人は韓国経済を支えているので、これでいいのかね?
韓国は国策として、ロッテ財閥を中心に大規模な海外ブランド免税店をいくつもオープンしています。
この日本人のために作ったようなブランド免税店、ヴィトンやグッチの店では、日本人が並んでました!(これも恥かしい・・。)私、もらえるんなら、しょうがない、ヴィトン使ってもいいけど、自分でお金出して持ちたくないので、店の前で並ぶ心理は理解できず・・。一生もらえないのはわかっているので、持つことはないです。

英語で尋ねても日本語で返ってくる。彼らの第二外国語は日本語なのか?この不況の中、お金を落としまくる日本人の言語は就職にとても重要なよう。
彼らにとって、日本人=お金、なんでしょう。なんだかな・・。
韓国人は過去の侵略もあって日本人のことはきらいでしょうが、きらっちゃいかんよ、こんなに貢いでいるのだから。
百聞は一見にしかず、実際体験すると勉強になりますが、こういう状況でも全く踊れない自分はやっぱり可愛げない。垢すりの時も、オプションのしつこい勧誘にすべて「No!」。はっきりいってボッタクリ料金だがな。
どこに行っても「金使ってけ~攻撃」にあい、ホっとできたのはフリータイムの旧所巡りだけかな。

結局私が買ったもの、①マッコリ(韓国どぶろく)3本、②スウェーデンのウォッカ1本、③BBクリーム1個(日本でブレーク中の韓国コスメ。興味本位)。以上。
現地のマッコリは、日本のどぶろくより酸味があって飲みやすくて、私は好きです。レストランでマッコリをオーダーしたら、「マッコリ飲むならチジミを食べなきゃ。」といわれて追加オーダーしましたが、マッコリとチジミの組み合わせは韓国では常識なのかな?ワインとパスタ、日本酒と刺身のように、特別素敵!とは思いませんでしたが。
日本人の韓国旅行の実態を知った楽しい旅でした。
【2009/07/16 03:30】 | USA&海外 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |