FC2ブログ
紀伊山地2 熊野古道を歩いて
和歌山県、紀伊山地の「熊野古道」を歩きました。
熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に詣でるための道で、実に今の和歌山、奈良、三重、(大阪)をまたがっている大規模なものです。参詣道は最終的に、熊野大宮大社に集結しています。
熊野は、古くから神々の住む聖地、死霊の集まる再生の地として崇められてきました。厳しい道を乗り越えて(山岳修行)、大自然の中にある再生の地・熊野へ詣でることで、来世の幸せを神々に託すという信仰が生まれました。これが「熊野詣(もうで)」です。

大きく分けると6つのルートがあります。
・紀伊路(渡辺津-田辺) (この道だけ世界遺産に登録されていない。)
・小辺路(高野山-熊野三山、約70km) (3つの1000m級の山超えのコース!)
中辺路(田辺-熊野三山) (今回途中まで歩いたコース)
・大辺路(田辺-串本-熊野三山、約120km)
・伊勢路(伊勢神宮-熊野三山、約160km)
・大峯奥駈道(吉野-前鬼-熊野三山、約140km)


今回は、中辺路(なかへじ)ルートで本宮大社方面へアプローチを試みました。
紀伊田辺駅から、バスで50分の滝尻王子から出発です。

紀伊田辺駅にて


いざ中辺路(なかへじ)へ


むむ、いきなり想像以上の急勾配


根っこの階段。これが道なのか・・ゼイゼイ・・


山の神様仏様!なんて美しい所なんだろう

途中で小枝を拾って、杖にして、結局7時間(!)ほど歩きました。
バス通りに出るまで歩かざるを得ないわけです。

最初の2時間、日頃の運動不足もあって かなりキツかった。後で知ったのだけど、中辺路の滝尻王子からのコースは最初が一番難所と言われているらしい。確かによく写真で紹介されてる石畳のなだらかな山道とかけ離れてました。
足の裏が痛くなりました。杖のおかげで 足が3本になり楽になりましたが、後半は大雨が降ってきました。(写真撮ってる余裕なし・・)

牛馬童子像の手前の「牛馬童子 道の駅」で最終バスに乗り、宿へ。

宿を取った「湯の峰温泉」
源泉が流れる川では温泉卵が作れます!お風呂も90℃の源泉湯がそのまんま出ます。

そして翌朝はバスに乗って・・いよいよ再生の神様の所へ!



なんだか御光が射しているように見えます。


どど~ん!熊野総本山!

もちろん熊野古道を歩かず、熊野大社へ直接行くことも可能ですが、やっぱり歩けるのなら歩いた方がいいと思いました。世界的にも非常に珍しい「紀伊山地の霊場と参詣道」という形で世界文化遺産として2004年に登録されたこの一体は、すべてが一緒でかけがえないのないものを形成しています。

京都では17箇所の神社仏閣が世界遺産として登録されていますが、みな個々に独立していて、このような一体としての文化形成は為されていないし、なにより京都のように通俗化してないところ、商業主義に走っていないところ、そのまま本質が維持されているところが魅力だと思いました。(個人的な感想です。京都には京都の事情があるので仕方ないのですが。)

紀伊山地の霊場と参詣道 を取り巻く山、川、海&そして素朴な温泉。
2泊の旅ではこれが限界でしたが、この地を訪れるのにふさわしいお年頃になったと悟ったので、また次回、違うルートの熊野詣を歩きたいと願っています。
初めての和歌山県、好きになりました。 関西は各県強烈な個性がありますね。

そして余談なのですが、私らが7時間歩いた汗と雨まみれの山道は、バスではたった12分の道のりでした。なが~いトンネルでほぼ一直線なわけです。
それでも、私の好きな「道の思想」と合い重なってスイッチが入ったようで、熊野詣でには また行きたくなってます。四国お遍路さんも歩きたい・・。


熊野神社の全国分布図
熊野神社の全国分布図
千葉と福島、ダントツに多いです。まか不思議。
【2009/09/30 16:00】 | 関西 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<はからめ1歳 | ホーム | 紀伊山地を訪ねて1 高野山>>
コメント
素晴らしい!
よく、頑張りました。
7時間歩きましたか、しかも山道。
ほぼ、マラソン完走ペースですね。
しかし、熊野神社って全国に沢山あるのね。
【2009/09/30 16:29】 URL | TAM #-[ 編集] | page top↑
◆TAMさん、
歩き出したら次のバス通りまで歩くしかないのですよ。
もちろん下りもあるので楽な時もたくさんあったのですが、足の裏にマメができそうになりました。(マラソンできるかな!?v-218)
私も知らなかったけど熊野神社って古いだけに、一大勢力を持った神社なんですね。創建は不明ですがB.C.33年という説もあるそうです。 大師さんも異宗教を持ち込む前に、ここの山の神様にお伺いを立てたらしいです。
【2009/09/30 17:02】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
すんばらしい!私もいつか挑戦したいです.
【2009/09/30 21:37】 URL | のなか #-[ 編集] | page top↑
◆のなかさん、
ぜひ~!e-68東からですと伊勢神宮からの伊勢路もいいですね。熊野古道は長い道のりなので長い休暇が取れれば、それだけ充実するのでしょうね。
私は小分けにしてでも また行きたいと思っております。^^
【2009/09/30 22:45】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
あぁ、私もぜひ一度いってみたいです!東から伊勢路いいですね~!私も歩いてみたい。都会にないのどかな風景がまたいいです。

「道の思想」ってタオですか?私はまだ不勉強なのですが、ちょっと前に少しハマッたハコミセラピーというのがタオの思想が基づくもので気になりました。

高野山に行くとお遍路さんに憧れますよね。熊野の山伏修行は最近女性にも開かれているとか。ちょっとやってみたいです。^^

なんで熊野神社は千葉と福島なんだろう??八王子は諏訪大社がちょこちょこあります。諏訪が近いからでしょうかね。
【2009/10/01 00:31】 URL | こてつ #-[ 編集] | page top↑
◆こてつさん、
ぜひ~!キリマンジャロを登ったこてつさんなら、小辺路(こへじ)コースもいいかも。これは本格的な山の装備が必要のようです。
一番人気のある道は伊勢路らしいですよ。

そう!「道の思想」って老子の「タオ」のことです。解釈が難しいのですが、取る側の解釈で いかようにでもなるので、自分の考え方に合ってると勝手に思ってます。
私の場合、老子の教えからは かけ離れた解釈になってる可能性もありです。

おっしゃる通り大師さんと「同行二人」で四国お遍路、今すごく憧れてます。 e-68
でも足腰が効くうちは、やっぱり熊野詣でで、もう少し弱ったら、お遍路かな。
山伏修行って滝修行もあるんじゃないかな・・。私はそこまで考えたことなかったけど、人生に疲れた時、山伏修行もいいかもしれませんね。きれいさっぱり心身を浄化できそう!。(笑)
熊野は昔から女性にも門戸を開く寛容な神様だったそうなので滝打ちも許されてるかも。(こてつさんの山伏姿、想像できるような、できないような・・もじもじ)

>なんで熊野神社は千葉と福島なんだろう??

神社の分基って、どうなってるのか、不思議です。適当なのかな?
【2009/10/01 00:54】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
私の同僚、日本に帰るたびに、お遍路さんをマラソンで巡っています。
次の帰国で、制覇できると豪語してたような。

【2009/10/01 17:26】 URL | TAM #-[ 編集] | page top↑
◆TAMさん、
マラソンとは恐れ入りました~。
お遍路の次は、熊野古道を勧めてみては?これは鍛えられますよ。トライアスロン級にしんどいでしょうね。
【2009/10/01 18:17】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kyotojapan.blog102.fc2.com/tb.php/151-518fa6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |