FC2ブログ
青岸渡寺(せいがんとじ) 西国三十三所第1番

「西国三十三霊場納経帳」(朱印帳)
熊野那智大社に隣接している青岸渡寺(せいがんとじ)が、
第一番札所ということで、買ってしまいました。

はるばる紀伊の国の南端まで来たんだもの。
京都に住んでいる間は、奈良や大阪は近いけど、那智山はもう来ることはないかもしれないから。

2009年、大晦日から第一番札所!
さあ、2010年、三十三箇所巡礼、修行の旅の始まりです。



青岸渡寺(せいがんとじ)
山号 那智山
宗旨 天台宗
本尊 如意輪観音菩薩
創建年 伝・仁徳天皇治世(4世紀)
開基 伝・裸形上人
札所:
西国三十三箇所第1番、東海白寿三十三観音、神仏霊場 巡拝の道第2番


(Wikipediaより- 明治時代に神仏習合が廃されたとき、熊野三山の他の2つ、熊野本宮大社、熊野速玉大社では仏堂は全て廃されたが、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ、のちに信者の手で青岸渡寺として復興した。-Wikipediaより)


本堂はかつて織田信長南征の兵に焼かれ、天正18年(1590)豊臣秀吉によって再建。
桃山時代の建築をとどめ、紀南で一番古い国指定の重要文化財建造物。
この堂の高さは18mで、大滝の落口の高さと同じであるといわれています。


前方の山に那智の大滝が見えます。


お寺から臨む三重塔と那智の大滝。

第一番 那智山 青岸渡寺 紀伊の国
御詠歌「補陀洛(ふだらく)や 岸うつ波は三熊野(みくまの)の那智のお山に ひびく滝津瀬(たきつせ)」

ここはよかった~。いい所だった。きてよかった。
私のわがまま聞いてくれた相方感謝です。
【2010/01/01 00:00】 | 西国三十三霊場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<穴太寺(あなおじ) 西国三十三所第21番 | ホーム | 怒涛の出稼ぎ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kyotojapan.blog102.fc2.com/tb.php/164-cd4f343b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |