FC2ブログ
お背中に感動 徳島結願しました
今回も ただただ ひたすら歩くだけの旅でした。
1日目 14km..19番 立江寺(たつえじ)から宿まで
2日目 20km..20番 鶴林寺(かくりんじ)~21番 太龍寺(たいりゅうじ)2つの山越え
3日目 38km..22番 平等寺(びょうどうじ)~23番 薬王寺(やくおうじ)
4日目 20km..高知の室戸岬を目指して


標高 570mに位置する20番 鶴林寺(かくりんじ)通称:お鶴さん
なんとも美しい雪景色に恵まれました。


標高 618mに位置する21番 太龍寺(たいりゅうじ)

太龍寺から20分ほど つるつるの坂道を更に登ると、舎心ヶ嶽に着きます。そこに・・

お大師さんのお背中が・・!


まさか後ろ姿だけだとは思わなかったので、意表を突かれた感じでした


「お大師さま、こんにちは!」 
これでもか~!という位カメラでドアップ。何しろ遠くから後ろ姿しか拝めなかったので・・

お大師さんはここで何をしておられるかというと、ご本人が24歳の時に書かれた『三教指帰』に、
「阿国太瀧嶽に躋(のぼ)り攀(よ)ぢ土州室戸崎に勤念す」と記されているそうです。
この「太瀧嶽」が現在の太龍寺山を指しており、舎心ヶ嶽(南舎心)は、その時の修行の場所なのです。
当時19歳だったお大師さんは、この断崖の上で、100日間修行されたと伝えられています。
その修行とは『虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)』というもので、記憶力を高め、判断力を養うものだそうです。

そうしてあの有名な伝説、室戸崎(今の室戸岬)の洞窟にて、光が口に入り、悟りを開かれるんですね。
虚空蔵求聞持法については「 こちら 」に詳しく書かれています。かなり難しい。


標高 700m 舎心ヶ嶽の展望台より

そして翌日は夜明けと共に宿を出て、22番 平等寺、そして太平洋側の23番 薬王寺を打ち、徳島を結願しました。
この日の歩行時間は約9時間で38キロの道のりでした。


最終日の午前中は、90キロ先の室戸岬を目指して、国道55号を20キロひた歩き、「牟岐駅」に到着。
↑雪のため、ゴアテックスのジャケット初体験!こりゃ快適だ!しかしパンツはただのポリエステルなので、ムレムレ・・。やっぱりパンツもゴアテックス必要だわ。
車道を歩く時は反射タスキをかけ、トンネルの中では相方がLEDライトを持ちます。だいぶ慣れましたがトンネル歩行はやっぱり怖い。今回は700mのトンネルくぐりもありました。


お昼にはこんな景色になっちゃいました。
徳島に戻ったら、橋(鳴門&明石)が雪で通行止め、高速バスが運休してしまい、急きょ高松から岡山経由で、新幹線での帰宅になりました。
いよいよ次回は、室戸岬まであと70キロ、修行の道場、土佐の国へ駒を進めます!今から楽しみ。
【2011/02/15 22:28】 | 四国八十八霊場 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<比叡山の頂上はショボかった | ホーム | お大師さんに会う度に私の足はどんどん太くなる>>
コメント
おお、修行の旅してますねえ。羨ましい。
瞑想にも、座禅による静的瞑想から、歩いたり動いたりする動的瞑想もあるそうです。
ひたすら歩き続けるというもの大事な修行のひとつだそうで。
【2011/02/16 16:26】 URL | TAM #-[ 編集] | page top↑
◆TAMさん、
車遍路の人が20分で行くところを、5時間かけて歩いています。(笑)
昔から憧れていたお遍路を実現できて、有難いことです。
確かに修行なのですが、足が気持ちについてくるようになって、歩くのが随分楽しくなりましたよ。v-91
【2011/02/16 17:04】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
結構お金も掛かってますな。羨ましいです。ところでカメラどこの使ってるのでしょう?私も今回仕事用にカメラを買いました。サイバーショット最高に楽しいのでブログでもはじめようかなーと思ってます。写真て楽しいですね。はじめたら教えますね。今度四国で会いましょう。
【2011/02/17 13:25】 URL | ヨセミテ #-[ 編集] | page top↑
◆ヨセミテさん、
カメラはリコーのCX3使ってま~す。10.7倍光学レンズ搭載で、28~300mmの高倍率ズーム&1cm接写もできるのでとても重宝しています。
ヨセミテさんもブログ始めるの?!絶対教えてくださいね。

ヨセミテさんは、経過は順調でしょうか。。
私はヨセミテのハーフドームをアタックできそうな位筋肉もりもりです。

じゃ次回、道後温泉あたりで!(笑)v-48
【2011/02/17 19:40】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kyotojapan.blog102.fc2.com/tb.php/227-f5f7582a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |