FC2ブログ
京の七夕 【1】 新たな二条城の美に感動
今年で2回目を迎える京都の新しい風物詩の「京の七夕」、堀川会場に行きました。堀川と鴨川の2カ所で同時開催されています。
京都は今日も35℃、いつも通りフツーに暑くて、夜も熱風が吹く京都らしいお天気でしたが、期待より遥かに素晴らしかったので早速記事にします。2時間半、堀川沿いを歩きっぱなし、日中より少し涼しい夜だからできる業ですね。


二条城の二の丸御殿の妖艶な姿に衝撃!
小中学生の修学旅行コースの、普段は地味(いや、日本の誇り高い伝統的)な徳川家の天下の二の丸御殿がこんな大変身を遂げるなんて家康さんもびっくりでしょう。


特殊なデジタル掛け軸(DーK)で、何通りものパターンに変化します。


まさに現代版ライトアップ。写真では伝わらないのが残念です。
肉眼で見る映像は写真より遥かに美しかった・・。何通りのの照明パターンがあるのか、その都度雰囲気がガラっと変わります。


メッセージ行灯
被災地への願いや被災地に向けたメッセージを掲載した大型行灯
スポンサーには京都や関西企業が名を連ねています。
ここは関西国。全国区ではない所の良さをしみじみ思う・・。


堀川の遊歩道は、一条戻り橋から、御池通りまでかなり長い距離でした。
写真が多くなるのでまた次回アップします。


竹に浮き出る文字と、川に無数に流される青いLEDの玉。
日本人の美的感覚は やっぱり素敵!と思うのは、結局自分が日本人だから?
【2011/08/07 01:06】 | 京都 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<京の七夕【2】 堀川遊歩道 | ホーム | 2011 伏見稲荷大社 宵宮祭>>
コメント
凄い!! 写真でも十分に凄さは伝わりますよ。 もちろん、本物を直接みた感動には程遠いのだと察します。
日本の祭りに代表されるような美的感覚は、確かに、国際的に非常に高いレベルにあるんじゃないかなあ、なんて思っています。 なんていうのか、派手すぎず厳か、品があって。この品というのがどう訳していいか、辞書を引いても、英語には、本当に当てはまるものが見当たらない。 それが品かな。
【2011/08/07 16:49】 URL | TAM #-[ 編集] | page top↑
◆TAMさん、
写真で少しでも、お祭りの雰囲気が伝われば嬉しいです。^^

日本人の奥ゆかしい品格はなかなか外国では理解できないかも、ですね。
わびさびの世界は他国にはないでしょうから。

日本以外のお祭りといえば、USしか知らないので何とも言えないのですが、客観的に判断しても、少なくともUSよりは美的水準は高いかなと自負はあります。花火にしても、全然違う。
USは でかけりゃいい、甘けりゃいいみたいな・・。
アメリカ人は誇りは世界一高いんですけど・・。
【2011/08/08 02:08】 URL | Ponda #o7LSGkr.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kyotojapan.blog102.fc2.com/tb.php/267-df459413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |