FC2ブログ
遍路

徳島と高知を終えて愛媛に入った時は本当に嬉しかったな。「ここまで長かったけど、いよいよ菩提の道場だ~。やっと後半の道に入って先が見えてきた!」と。
でも、ふと気がついた。よく遍路道は人生と例えられる。私の人生も今この辺なんだと。「後半に入って先が見えてきた」という意味では、私の人生はまさに愛媛の位置にある。

特に意識をしていなかったのだけど、服装にも変化がある。
発心の道場では、赤いトレパン、黒っぽい上着。菅傘と輪袈裟で、かろうじて遍路姿だった。
修行の道場では、白いパンツだけど、白以外の上着。半分くらい遍路装束に近づいた。
そして今回、菩提の道場では、すべて白。完全に正装している。白装束=死に装束。

これって、人生の畳み方を探す旅なのか・・そう思えてきた・・なんだろう、このモヤモヤ感・・。

そして徳島と高知では足の故障(足裏の水ぶくれ、マメ、爪の内出血)に苦しんだが、今回は一切故障がなく、全体的な疲労だけで苦しくもなく、痛みもなかった。
毎日30キロ歩いたのに、なんでだろう。靴を変えたから?足が慣れたから?5本指ソックスを2枚履きしたから?それともお大師さんのお導き?

次に控える香川は涅槃の道場、数年先になるけれど結願した時、どんなことを思うんだろうと思うと少し怖くなった。
【2013/01/12 03:00】 | 四国八十八霊場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大王イカに感動 | ホーム | 土佐から伊予へ 40~43番>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kyotojapan.blog102.fc2.com/tb.php/323-f613a75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |